自律神経失調症を改善する【ストレスシャットアウト】

doctor

自律神経がおかしくなると

flower

まず生活を改善しましょう

自律神経失調症には様々な症状があります。めまいや立ちくらみ、不整脈や便秘、あるいはほてりなどがその代表的なものです。この自律神経失調症は、元々は自律神経を構成している交感神経と、副交感神経の切り替えがうまく行かずに起こるものです。原因も本態性と呼ばれる生まれつきのものもありますし、ストレスによって発病するものなど何種類かがあります。めまいなどの症状は対症療法で治せますが、根本から治したい時には、やはり生活習慣を変えたり、あるいはカウンセリングを受けたりするのがお勧めです。また規則正しい生活を心がけるようにして、ビタミンCを多く摂るようにするといいでしょう。その他にはビタミンAの多いレバーや、ビタミンEの多い魚介類なども自律神経に働きかける作用があります。

薬物での治療もできます

最近では自律神経失調症の治療には、薬物を用いることもあります。自律神経調整剤と呼ばれるもので、副作用が少ないのがメリットです。その他には抗不安剤やビタミン剤、睡眠導入剤なども用いられますし、特に更年期の女性の自律神経失調症の場合は、ホルモンバランスを調整する薬が使われることもあります。それ以外の薬としては、漢方薬が処方されることがあります。いずれも精神面での不安やいらいら、あるいは精神面での緊張を和らげる働きがあります。生活習慣を変えたい、あるいは食生活を変えたくてもなかなか難しい人も、薬物であれば手軽に摂取することができます。しかし中には副作用のある薬もありますので、必ず医師の指示通りに服用するようにして、自分で分量や時間を勝手に変えたりしないようにしてください。

健診を受け異変に注意する

nurse

最近増えているがんの一つに乳がんがあります。年に一度は乳がん検診を欠かさないようにしましょう。触診の他に超音波とレントゲンの検査があります。超音波は乳腺の発達した若い人に適していてレントゲンは中年以降の女性に向いていると考えられています。健診はもちろんですが異変を感じた時も病院に行きましょう。

» 詳細へ

新しいがん治療

hospital

樹状細胞療法はがん治療として新しい手法ですが、それゆえに実績があまりありません。今後は患者の協力を得て実績が積み上げられ、確かな方法として確立されるでしょう。そのメリットは既存の治療法との併用ができることであり、外科治療との併用は完治の可能性を高められるものです。

» 詳細へ

がん細胞を攻撃する力

woman

現在、従来の抗がん剤よりはるかに優れた抗がん剤が開発されつつありますが、現時点での治療には間に合っていません。そこで、副作用のないNK細胞という免疫細胞によってがん細胞を攻撃するNK細胞療法が非常に重要な役割を果たしています。

» 詳細へ